VTuberになりたいけどあのモデルって制作用のツールとかあるの?

今人気爆発なのが、VTuberです。

普通のYouTuberが本人の画像や声で実況や解説、面白動画を作っているのに対して、VTuberの場合2Dや3Dの画像を使います。

なので、できれば顔を知られたくないとか、恥ずかしいなどの内気な人でも作品を発表できるのです。

VTuberになるのは必須のものが

もちろん画像や声をネット配信するのですから、パソコンやスマホ、ネット環境は必須のものです。

これがなければどうにもなりません。

加えて、もしwebカメラやマイクの内臓がない、もしくはもっと良い音質や画像にしたい場合、周辺機器も必要になってきます。

それなりにお財布にも、影響が出てきますね。

でも一旦揃えてしまえば、後はそれほど大きな出費もなく制作を続けられるので、初期投資だけはしっかりとしておきたいですね。

ここまでは普通のYouTuberと大して用意するものは変わりません。

もしすでにYouTuberとして活動しているなら、用意はできているわけです。

ボイスチェンジャーも、YouTuberとしての活動で声だけ変えていれば、これもすでに用意されているわけです。

となると、後最も必要なのはもちろん、自分の代理となってくれるモデルです。

モデルを用意するのにツールを選ぶには

手作りのモデルを作るのは、かなり大事です。

技術もセンスも、画力も必要になってきます。

しかしありがたいことに今では、こうしたモデル製作用のツールも多く出ています。

3Dモデルを使いたいのかそれとも

もちろん3Dモデルを使いたいのか、2Dにしたいのかもツールによって違いが出てきます。

まずはここを決めてしまいましょう。

3Dモデルで動かしたい人はそれ用のツールを利用して、2Dのキャラが好みの人はそちらでという風に、ここで最初の分岐を行ってください。

好みのキャラを作るためのツールを、まず選ぶことです。

カスタマイズは可能なのか

キャラクターカスタマイズが出来るかどうか、これもチェックポイントになります。

まあ特にそれほどという人もいるでしょうが、やはり既製品をそのままというのは抵抗のあるものです。

洋服で言うなら、既製服が並んでいる店で購入した後、街で同じ服を着ている人と遭遇したら、互いに気まずくなることってありますね。

なのでちょっと手を加えて、オリジナリティを加えることもあります。

VTuber用のモデル制作の時も同じことで、ちょっとだけカスタマイズができれば、自分だけのキャラという感覚も味わえます。

有料ツールか無料ツールか

ほとんどダウンロードして使うツールですが、有料のものと無料のものに分かれます。

最初に試しでキャラ制作をするなら、無料ツールを使うのがおすすめです。

VTuberとしてこの先本当にやっていくのかどうか、初めは誰でもお試し状態です。

無料ツールでも使い勝手の良いものが多く出ているので、まずはここから始めてみましょう。

何を媒体として配信するのかキャラ制作をするのか

これは本当は最初に決めておかなくてはいけないことですね。

パソコンを利用してVTuberとして配信するのか、それともスマホで活動するのかです。

今はスマホだけでも簡単にキャラ制作から配信まで出来るソフトもあるのです。

自宅以外での制作や配信、視聴がメインの人の場合はこちら系のソフトが便利に使えます。

ただやはり、性能の点ではパソコンのほうが処理能力なども段違いですね。

なので細かくしっかりと作業して、キャラクターの動きや表情なども細かくと思った場合、パソコンでの作業がおすすめです。

こちら用のソフトも多く出ていますので、パソコン利用でもっと繊細なキャラ動作や表情をと思ったら、パソコン専用ソフトを選んでください。

どちらも有料無料ありますので、性能や使える機能をよく見て選ぶようにしたいですね。

一念発起さえすれば

正直な話、普通のYouTuberに比べると、ひと手間かかるのがVTuberです。

自分代理と言うか、オンライン上の自分を演じてくれるキャラクターを作らなくてはいけないので、その分の手間がかかるのです。

しかしそれさえクリアすれば、リアルの自分とは一味違った自分で、ネット世界での活動ができるのですね。

普段は自分でもちょっと引っ込み思案で冴えない、と思っている人でも、華やかなキャラを使って全く違った人生をネットで送ることが出来るのです。

そう考えてみると、この一手間というのも決して手間ではありませんね。

そして視聴者も、そうしたVTuberだからこそ、一層の興味を持って見に来てくれるわけです。

結果、視聴数も登録者数も増えれば、その後VTuberを仕事としていくことも不可能ではありません。

キャラクターは幸いツールでの制作が可能です。

後はちょっとだけ自分の後押しをすれば、VTuberになることが出来るのです。

まとめ

キャラクターを使って動画の配信をするVTuber、ちょっと謎めいているのも人気の原因の1つです。

可愛いキャラの中身は誰だろうとかいう疑問に始まって、話題はつきません。

そのキャラの制作が面倒そうで、つい二の足を踏んでいる人もいるでしょう。

でもキャラ制作も今では簡単にできるようになりました。

最初の一歩を踏み出してみませんか。