イーサリアムやICOトークン8000種類以上に対応 国産の仮想通貨ウォレットアプリ「tokenPocket」がリリース 

ICO(新規仮想通貨公開)トークンなどを保管できる国産スマートフォンアプリ「tokenPocket」が登場した。トークンポケット株式会社(本社・東京都世田谷区/代表取締役・林田智樹)が報道発表を行った。

tokenPocketは仮想通貨ウォレット(電子財布)として機能する。スマートコントラクトを実装でき、ICOなどの主要通貨として流通する仮想通貨「イーサリアム」(市場規模2位)のほか、ICOで実施主体が発行・販売するイーサリアムをベースにしたトークンなど8000種類以上に対応していることが特徴となっている。

同社は報道発表で、日本で発生した仮想通貨の巨額盗難事件について触れ、「『仮想通貨資産をハッキングリスクの高い取引所ではなく、ウォレットに移して安全に管理したい』という需要が高まっている」と説明している。

その上で「トークンポケットはこのニーズに対応し、仮想通貨を安全に管理できる、スマートフォンでのクライアント型仮想通貨ソフトウェアウォレットアプリ『tokenPocket』を開発した」としている。

トークンポケット株式会社:https://tokenpocket.jp/
アプリダウンロード:https://itunes.apple.com/app/token-pocket/id1288636393