SBIグループが2018年度中にICO実施へ 持株会社のSBIクリプトカレンシーHDが実施 仮想通貨関連事業を集約

SBIホールディングスの仮想通貨部門「SBIクリプトカレンシーホールディングス」は2018年度中に、仮想通貨技術を使った資金調達「ICO(新規仮想通貨公開)」を実施する。

SBIホールティングスの北尾吉孝社長が1月30日に開催された2018年第3四半期決算発表で明らかにした。

SBIクリプトカレンシーホールディングスはSBIグループの仮想通貨関連事業を集約した持ち株会社。仮想通貨の交換・取引サービスやマイニング(採掘)事業、ICO関連事業、仮想通貨取引所の運営事業などを検討する見込みとされている。

ICOでは独自トークンを発行し、資金を集める。北尾社長は発表会見で、ICOの実施について「模範的」に行っていくことを強調しているという。

ICOとは? 仮想通貨技術を使った資金調達 独自トークンとは? IPOとの違いは?

※ICO LABに掲載している記事コンテンツは、ICOプロジェクトへの投資や資金調達の実施を推奨するものではありません。ICOは日本を含めて世界各国がそれぞれ実施・投資に関するガイドラインや法規制、解禁などの動きを個別に進めており、各国の方針に則って適正に関わる必要があります。