海外旅行者の税金還付、仮想通貨「EBCoin」で円滑に ICO調達額が10億円突破 2月にクラウドセール2nd

海外旅行者に適用される税金還付手続きの改革を目指した仮想通貨「EBCoin」は31日、仮想通貨技術を使った資金調達ICO(新規仮想通貨公開)のクラウドセール1stにおいて、調達額が10億円を突破したと明らかにした。

EBCoinは海外旅行者向けの仮想通貨として開発されており、旅行者が使う現地通貨の代わりとして機能するもの。海外旅行では旅行中に購入した商品の消費税の還付を受ける制度があるが、領収書の紛失や窓口での待ち時間などの問題で還付が進んでいない現状もあり、同社はこの課題をEBCoinの発行により解決することを目指している。

同社はこれまで、消費税の払い戻しサービスをショッピングセンターや免税店、デパートで提供するという計画を明らかにしている。手続きを全てデジタル化することから、紙の領収書の保管する必要がないほか、待ち時間も短くなるという。

クラウドセール2ndは2月1日から13日までの14日間実施する。
ICO Page:https://www.ebcoin.io/
ホワイトペーパー:https://www.ebcoin.io/docs/EBCoin_Whitepaper_EN.pdf

ICOを実施するには? ホワイトペーパーの作成、トークン販売の実施 オフラインでの投資家協力者の確保も必須

ICOに投資するには? 必須の仮想通貨イーサリアム ホワイトペーパーなど読み解き判断 取引所「上場」がカギ

※ICO LABに掲載している記事コンテンツは、ICOプロジェクトへの投資や資金調達の実施を推奨するものではありません。ICOは日本を含めて世界各国がそれぞれ実施・投資に関するガイドラインや法規制、解禁などの動きを個別に進めており、各国の方針に則って適正に関わる必要があります。