テレグラム、過去最大のICO実施へ 2200億円規模、新たな決済システムを構築へ 米メディアが報道

メッセージアプリ「テレグラム」が20億ドル(約2200億円)規模のICO(新規仮想通貨公開)を計画していることとが明らかになった。実施されれば史上最大規模になる。米メディア「ブルームバーグ」が報じた。

テレグラムは暗号化メッセージアプリで、ICOに関心がある投資家や実施企業のコミュニティとしても活用されている。テレグラムが実施を計画しているICOは当初、調達金額は12億ドルほどとされており、この金額をさらに引き上げた形。

ICOで調達した資金により、新たな決済システムの構築を目指す。ブルームバーグが閲覧した投資家への提案書によると、クレジットカードの「ビザ」や「マスターカード」と同等の規模や決済スピードを持つ決済システムを、ブロックチェーン技術を使って構築する。

ICOでの資金調達では、昨年実施されたファイルコインのICOが2億5700万ドル(約280億円)が今までの最高額。

ICOとは? 仮想通貨技術を使った資金調達 独自トークンとは? IPOとの違いは?

※ICO LABに掲載している記事コンテンツは、ICOプロジェクトへの投資や資金調達の実施を推奨するものではありません。ICOは日本を含めて世界各国がそれぞれ実施・投資に関するガイドラインや法規制、解禁などの動きを個別に進めており、各国の方針に則って適正に関わる必要があります。