ICO資金調達額、8月のある1週間が2018年の過去最低を記録した 年単位では増加基調|ビットコイン・ブロックチェーン

仮想通貨技術を活用した資金調達「ICO(新規仮想通貨公開)」の調達額が、記録的な減少を見せた。ICO関連事業を手掛けるICOBoxによれば、8月20日から27日の1週間で世界のICOプロジェクトが調達した額は約16億円で、これは1週間単位の調達額としては2018年における過去最低額となった。

1週間のうちで最も多額の資金調達を果たしたのはFondocoinというプロジェクト。ハードキャップ(販売上限額)は約40億円に設定したが、実際の調達額は約7億円に留まっている。

2018年のICO調達額自体は既に2017年の実績を上回っている。8月20〜27日のICO調達額が低く推移したことで、8月全体の調達額も2018年に入ってからの月間調達額で最低を記録したが、全体的にはICO市場は拡大している。

日本国内では金融庁はいまだICOに対する規制方針を明確にしていないが、地方自治体がICOを計画する例も出てくるなどの動きもある。金融庁が合法的な枠組みを準備することで、海外で実施が盛んになりつつある日本人発ICOの動きに変化がある可能性もある。

ICOは過渡期だ。取引量やイーサリアムの価格推移に一喜一憂せず、その動向を見守っていきたい。