ICO向けのハードウェアウォレット開発? Ledger、パートナーシップも拡大——ブロックチェーン・ビットコイン・フィンテック

仮想通貨資産を安全に管理するハードウェアウォレット「Ledger(レジャー)」が、ICO向けにもサービスの幅を広げている模様だ。

Ledgerを開発しているのはフランスに本拠地を置いているデジタルアセットのセキュリティ管理会社。主に法人・個人投資家向けにハードウォレットを開発・販売してきたが、ICOや仮想通貨取引所に対してもサービスを提供しているという。

同社は積極的に他社との連携も進めており、2018年5月には野村ホールディングス株式会社と新しいサービスや商品開発をしていくことを発表している。

ウォレットにはハードウォレットとソフトウォレットがある。ソフトウォレットはアプリやクラウド上で仮想通貨試算を管理するが、ハードウォレットはオフライン端末などで仮想通貨を保管するため、安全性が高いと言われている。