VRブロックチェーンの「DragonVein」山本周人CEO、TokenSkyでプロジェクト概要を説明

2018年7月4〜5日にかけて実施された「2018TokenSkyブロックチェーン大会・東京」。このイベントに仮想通貨技術を活用した資金調達「ICO(新規仮想通貨公開)」プロジェクトとして「DragonVein」を手掛ける山本周人CEOが登場した。

DragonVeinは共有ストレージ技術をベースにしたVRブロックチェーンプロジェクト。山本CEOはDragonVeinの創始者で、イベントではプロジェクトの概要を説明した。スピーチ内容の冒頭文は下記の通り。(以下プレスリリース引用)

DragonVeinプロジェクトは、共有ストレージ技術をベースにしたVRブロックチェー ンプロジェクトである。VRはすでにコンシューマー体験のアップグレードする第一選択になり、没入型のこの体験は従来のエンターテイメントデバイスでは提供できないサービスになっている。近い将来、VRがもっと普及するということは間違いない。故に、多くのブロックチェーンとVRを組み合わせたプロジェクトが立ち上がっている。

その中で我々が他のVR関係のICO案件と大きく異なるのは、我々は既に自社開発のハードウェアとシステムを保有していることである。我々は世界で最も軽量なVRヘッドディスプレイminiVRゴーグル、そしてDragonVeinの中核ハードウェアで あるDvBoxを設計した。我々は既存のPCやネットワーク上を囲い込むよくあるブロックチェーン案件ではなく、我々自身がDvBoxというブロックそのものを販売していく中で、ブロックチェーンを作り出していく。中国ではChina Mobileと連携し、5Gを活用した新たな消費シーンに合わせて、その商品を中国の消費者に提供していく。

イベント会場のDragonVeinのブースには、DvBoxやminiVR、スマートキーボードマイニングマシンが展示され、多くの来場者の関心を集めたという。報道発表では「来場者はVRデバイスを体験し、DrangonVeinの紹介を聞いた後、DVCの購入方法を尋ね、日本での販売を楽しみにしていると話した」としている。

山本氏は「ブロックチェーン技術は5G時代のキラーアプリケーションになる」と強調する。今後のDragonVeinの動向へのVR愛好家やメディアも注目度も高まっていきそうだ。