メタップスがICOプラットフォーム「Metalist」の事業化計画を発表

東証マザーズ上場の株式会社メタップスは7月13日、仮想通貨技術を活用した資金調達「ICO(新規仮想通貨公開)」に関しての発表を行った。日本国内外においてICOプラットフォーム事業開始に向けた準備を開始したという。

メタップス社はICOコンサルティング事業も既に開始しており、韓国の上場企業が実施した50億円規模の大型ICOに対してコンサルティングサービスを実施している。

発表によれば同社はICOプラットフォーム事業の開始に向け、メタップスの100%子会社の株式会社メタップス・クリプト・ゲートウェイ(MCG)が金融庁に対する仮想通貨交換業登録の申請準備を進めているという。

ICOプラットフォーム名は「Metalist」。発表によると、①企業が正しくICOを行うためのコンサルティング②健全な仮想通貨交換所の紹介③上場推薦・上場審査やトークンの売買代理——などを提供する予定のようだ。