AnyPayとGunosy、トークン事業やマイニング事業展開へ

AnyPay株式会社(本社:東京都港区/代表取締役:井上貴文、大野紗和子)と株式会社Gunosy(本社:東京都港区、代表取締役:福島良典)がタッグを組み、本格的にトークン事業やマイニング事業に参入する。

発表によると、株式会社LayerXを新たに合弁会社を今後設立することに7月12日に合意した。ブロックチェーン関連事業を主な事業に据え、トークン(独自通貨)の設計コンサルティングや開発、ハッキングを防ぐコード監査、技術サロンの運営をするトークン事業、仮想通貨マイニングなどの事業展開を模索する。

新会社は東京都港区の六本木ヒルズ森タワーに拠点を構え、代表取締役社長には福島良典氏が就任する。資本金は5000万円で、設立予定日は8月1日。株主構成はGunosyが50%、AnyPayが50%。

AnyPayはこれまで割り勘アプリ「paymo」の展開や投資事業のほか、仮想通貨技術を活用した資金調達「ICO(新規仮想通貨公開)」のコンサルティング事業などを手掛けており、ICOに関しては既に数社のサポート実績がある。