アフィリ広告の課題解決 メディアと広告主を直接結ぶ EARNETが発表

2018年7月4〜5日に東京で開催されたアジア最大級のトークンエコノミーとブロックチェーン業界向けイベント「TokenSky」で、香港に拠点を持つAiBC Limited(本社:Wan Chai, HONG KONG/代表:Yoshihiro Horiguchi)が登場し、従来のアフィリエイト広告の課題をブロックチェーン技術などで解決するプロジェクト「EARNET」について発表を行った。

EARNETは広告主とメディアを直接つなぐプラットフォーム。ブロックチェーン技術と人工知能(AI)技術を活用し、アフィリエイト広告の課題の解決を目指す。ブロックチェーン技術では、広告成果などの情報をブロックチェーンに記録し、成果の種類や成果承認の可否と理由などを透明性のあるネットワーク上で確認できるようにする。

AIは成果判定に活用され、成果判定作業の簡略化や自動化を担う。同社は「広告成果の判定に通話内容の解析や端末の位置情報などを利用できるようになり、今までにない広告の成果の種類を生み出します」としている。

同社は従来のアフィリエイト広告の問題点として「低い透明性」「高い中間手数料」「遅い報酬支払いサイクル」を挙げており、これらの課題の解決にEARNETは取り組んでいくという。プラットフォームでは「EARNETトークン」が機能するという。