「リバースICO」って何? YOAコインが7月からテスト販売開始

中国・北京に本拠地を置くYOUAグループがこのほど、報道発表を行った。具体的には、グローバルフランチャイズ加盟店で利用可能なYOAコイン(YOA COIN)とYOAブロックチェーンスキームの構築という目的を達成するために、「リバースICO」と呼ばれるYOAプロジェクトの「暗号通貨公開」を進行するという。

リバースICOについて同グループは通常のICOとは異なるものだと説明している。同グループは「既存産業のプラットフォームやサービスにブロックチェーンを適用して技術革新をしようとする方式です」とコメントを添えている。その新しい仕組みに今後の注目がより一層高まっていきそうだ。

YOAコインについては「F.I.N.E.戦略」を中心に構成されているという。具体的には「フランチャイズ(F)」「IT(I)」「新規事業&金融(N)」「教育&エンターテイメント(E)」などの大型スキームを構築する戦略だという。

ちなみにフランチャイズにおいては、中国最大のフランチャイズネットワークとグローバル30カ国のフランチャイズネットワークを活用してプロジェクトを進行させる。世界30カ国で同時にフランチャイズを立ち上げ、運用することができるソリューションを用意するという。

YOAコインはまたWechatを活用したICO広告を出すなどの取り組みを行っている。コインのテスト販売は7月から、クラウドセールは8月末ごろを予定し、その後上場する計画だという。