ウォレットから簡単にマイニング参加 Ginco Mongolが新サービスの開発開始

仮想通貨ウォレットサービスを提供する株式会社Gincoの100%子会社であるGinco Mongol(本社:モンゴル・ウランバートル市/代表取締役:古林侑真)は、ウォレット直結型のクラウドマイニング(採掘)サービスの開発を開始する。モンゴル最大規模のITベンダーである「iTools」とパートナーシップを締結して進める。

株式会社Gincoは報道発表で「ウォレット直結型のクラウドマイニングが実現することで、一般の利用者でも気軽にマイニングに参加し、資産形成ができるサービスの提供を目指します」とした上で、「大口のお客様のみならず一般の人にも、仮想通貨を用いた健全な資産形成の門戸を開きたいと考えています」としている。

サービスの開始は2018年冬ごろを予定。Ginco側は「ブロックチェーンに関する技術提供や情報提供、ウォレットを利用した日本市場でのサービス展開」と担い、iTools側は「マシンなどインフラ面でのサポートや、クラウドマイニングのシステムサポート」などを担当する。

Ginco Mongolはこれまでに投資家や企業向けに、モンゴル国内におけるマイニング(採掘)のトータルソリューションとして、「マシンの卸売販売」や「マシン稼働環境のハウジング」「マシンの運用代行」などのサービスを提供してきた。