スタートアップ企業支援へCSNPトークンと発行 世界ネットワーク形成へ

カザフスタンのUNIインタートレード社(代表取締役:Erlan Dumanuly)は6月25日、報道発表を行った。クラウドセール・ネットワーク・プラットフォーム(CSNP)をスタートアップ企業を支援するために運営し、ブロックチェーン技術を活用したCSNPトークンを発行したと発表した。

クラウドセール・ネットワーク・プラットフォームは2017年7月7日に設立された仕組み。ロシアとイスラエル、カザフスタンの起業家が中心となって立ち上げ、現在では中東や西アジア、欧州を含む世界ネットワークを拡大している。

2018年のクラウドセール・ネットワーク・ロードマップによると、スタートアップ企業15社が設立される予定で、報道発表によれば既にうち3件のプロジェクトは実施済みだという。

クラウドセール・ネットワークは発表で「新しいアイディアを絶え間なく探し求めており、分散型投資と専門家の評価を仰ぎながら、プロジェクトを慎重に選択しています」としている。詳しくはテレグラムグループ「https://t.me/crowdsale_info」などを参照。