本人確認をオンライン完結 ガイアックス出資のTRUSTDOCKが開発着手

株式会社TRUSTDOCK(本社:東京都千代田区/代表取締役:千葉孝浩)は、オンライン完結型の本人確認方法に対応したプロダクトを開発する。製品化により、フィンテック市場の利便性向上を図る。

報道発表によれば、個人融資や海外送金、仮想通貨取引所やICO(新規仮想通貨公開)などの際に、KYC(本人確認)をオンラインで完結することができる。現在同社が提供するAPI型本人確認サービス「TRUSTDOCK」と連携させ、実現するという。

株式会社TRUSTDOCKは株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区/代表執行役社長:上田祐司)の出資先。

同社は報道発表で「本人確認/KYCの専業会社として、500 Startups Japanをはじめとした複数社及び個人投資家を引受先とする第三者割当増資により資金調達を実施いたしました」としている。資金調達額については明らかになっていない。