政治トークンエコノミーの構築目指すPoliPoli、β版デザインを公開

政治のトークンエコノミー構築を目指している株式会社PoliPoli(本社:神奈川県相模原市/代表取締役社長:伊藤和真)は6月4日、政治コミュニティアプリ「ポリポリ」β版のデザインを公開したことを発表した。

報道発表によると、β版ではトークンを絡ませずに運用する。β版のデザインを一般公開することで多くの利用者からフィードバックを受け、デザインやシステムの開発などに活かしていきたい考え。

報道発表では「β版は、各地の選挙などを中心に広げて行き、質の高い政治コミュニティを形成して参ります」としている。

ポリポリは政治分野を「エンターテイン」することで、イノベーションを起こすことをねらっている。ユーザーが良い発言をすればポリポリの独自トークン「Polin」が受け取れることから質の高い発言が増えるように促し、誹謗中傷などが多い政治コミュニティの質を高めることを目指している。