SPINDLEのBLACK STAR&CO.、上海のブロックチェーン組織に加盟

ICO(新規仮想通貨公開)プロジェクトの「SPINDLE」を進める株式会社BLACK STAR&CO.(本社:東京都千代田区/最高経営責任者:平井政光)は6月2日、日本企業として初めて「Blockchain Industry Alliance Shanghai」(BIAS)に加盟したと発表した。

BIASはブロックチェーン技術の産業への応用やICOによる資金調達の信頼性を判断する方法などを共同研究し、競争力のある事業育成を手掛けている組織。

同社は報道発表で自社について「既にプロジェクトSPINDLEにおいて高いブロックチェーン技術の事業化を実現し、投資・運用への転用を進めている」とした上で、「ブロックチェーン業界のさらなる発展に貢献する為に今回 BIAS に正式に加盟しました」としている。

また同社は報道発表で、上海に拠点をを開設することを発表。平井CEOは「世界最大の商品市場であるだけでなく、電子決済がいち早く一般層に普及する などフィンテックの中心地となりつつある中国において、自社のブロックチェーンに技術のさらなる研究・発展を目指す」としている。

SPINDLEはGACKTが参加することなどでも知られるICO。報道発表によると、SPINDLEの独トークンは既に海外仮想通貨取引所5カ所に上場している。