ハウステンボスに独自デジタル通貨導入へ 株式会社Liquidが発表

タブレット型レジの企画・開発・販売などを手掛ける株式会社Liquid(本社:東京都千代田区/代表取締役:久田康弘)は6月4日、ハウステンボス株式会社(本店:長崎県佐世保市/代表取締役社長:澤田秀雄)と独自デジタル通貨「テンボスコイン」を共同開発することを明らかにした。

2018年内を目標に共同開発を進める。開発したテンボスコインはハウステンボス内で使えるようにし、ハウステンボスの「キャッシュレステーマパーク」化を推進する。

Liquid社はデンボスコインの決済・管理プラットフォーム「テンボスコインシステム」の構築に向け、これまで同社が開発・提供してきた決済サービスやウォレットサービス、ブロックチェーン技術を活用したトークン発行などのノウハウを活かす。

具体的には下記の4点を包括的に提供することを目指している。

  • 分散型取引台帳を活用した勘定管理の仕組み
  • ハウステンボスの利用者様と店舗の状況を見ながら「テンボスコイン」の流通量を制御する仕組み
  • スマホウォレットアプリ、もしくはNFCカードによる利用者様向けの決済手段
  • 店舗での「テンボスコイン」決済、ATMでの「テンボスコイン」チャージの仕組み

同社はこの仕組みの導入により「安全・便利・低コスト、という3つのメリットのあるキャッシュレス決済基盤を実現してまいります」としている。