世界のICO、2017年実績の2倍超え1兆円規模に ブルームバーグ報道

仮想通貨技術を活用した資金調達(ICO)の2018年の世界の合計調達額が、2017年を上回ったことが明らかになった。2018年1〜5月の合計額は90億ドル(約9900億円)を超え、昨年の40億ドル(約4400億円)の既に2倍以上となっている。

2018年に入ってからはチャットアプリ世界大手のテレグラム社の2回のICOクラウドセールの17億ドル(約190億円)を始め、EOSトークンの発行・販売を実施しているケイマン諸島のスタートアップによるICOが40億ドル(約4400億円)規模を超えるとみられている。

EOSトークン1つで昨年のICO調達額に達する形となるとすると、ICO1プロジェクトの投資額の最高額がより今年になって高まっていることを感じさせる。中国や米国がICOに対しての規制や監視を強めているが、ICOの認知度が一層高まっていることの表れと言えそうだ。

情報は米ブルームバーグがCoinScheduleの統計などを引用する形で明らかになった。