既存事業へのブロックチェーン活用を研究 テックチェーン発足、6月に初イベント開催へ

2018年1月創業の​株式会社techtec(本社:東京都墨田区/代表取締役:田上智裕)は5月30日、既存事業へのブロックチェーン活用を研究する「techain(テックチェーン)」を発足させたことを明らかにした。

同社はtechainのコンセプトについて「分散社会における個人の最大化」というミッションを掲げている。今後、ブロックチェーンの活用を検討している企業や海外のプロジェクトと組んで定期的にイベントを開催していく予定で、6月に初イベントを開催するという。

同社は、仮想通貨やブロックチェーン業界、ICOなどに特化したライターとメディアのマッチングプラットフォームを運営している。報道発表によると、登録ライターは既に100人を超え、登録メディアも10社を超えているという。

同社はまた、techtecがブロックチェーン・トークン管理・開発事業などを手掛けるとPrimasと、5月20日に戦略的パートナーシップを締結したことを明らかにしている。techtecライターやメディアへのPrimasトークン(PST)の付与のほか、Primasアプリユーザーのtechtec登録などの連携を検討していくという。