イーサリアムを盗み出せ! ICOVOが渋谷でハッカソン開催

健全なICOに特化したプラットフォーム「ICOVO AG」(本社:スイス/代表:山瀬明宏)は、スマートコントラクト上にデポジットされた仮想通貨イーサリアムを盗み出すハッカソンを、1カ月後の6月30日を開催する。

スマートコントラクトのバグなどを発見し、セキュリティの穴を突いて盗み出すハッカソン。資家保護の仕組みを実装したDAICOのスマートコントラクトをハック対象として行う。賞金総額は10ETHで、バグはその深刻度に応じて賞金が決められるという。

誰でも参加することができるが、ハッカソンは「Solidity」のコーディング知識があることを前提に進行されるという。イベント会場は「T’s渋谷フラッグカンファレンスセンター」で参加費は2000円。詳しくは専用ページ「https://www.meetup.com/ethereum_hack_tokyo/events/251172633/」を参照。

報道発表ではICOVOについて「世界で初であり唯一の健全なICOを実現できるICOプラットフォーム」と説明。その上で「サービスの軸は2018年1月にイーサリアムファウンダーヴィタリックブテリンが提唱したDAICOのコンセプトに沿ったスマートコントラクトDAICOVO」と説明している。