韓国発の仮想通貨D-ZONE COINが独自トークンの無料配布へ

Global Dream Japan株式会社(本社:福岡県福岡市/代表取締役:辻川智也)は5月24日、同社発行の独自トークン「D-ZONE COIN」(トークンコード:DZC)のエアドロップ(無料配布)を26日午後8時から実施すると発表した。

エアドロップの開催は3回目で、今回は「Final」としている。参加人数上限は1万5000人で、①ご友人紹介で報酬額が変動②すでに1st、2nd AirDropを受けられた方もご友人とのご参加で再度参加が可能③ご紹介された方に1000枚DZCを追加プレゼント—の特典があるという。

報道発表によると、DZCはブロックチェーン決済サービス「Dream-Pay」で使用することが可能。同社によると、ブロックチェーン技術を活用して高いセキュリティを実装しているほか、即時決済も実現しているという。今後リリース予定のDream-Payのアプリでは、決済と送金サービスを2018年中に実装する予定という。

同社はによると、決済サービスの利用手数料は0.5%で「既に韓国や海外で高い評価を受けています」としている。詳細は公式サイトのAirdropページ(http://dreampay.jp/dzoneico/airdrop)で説明されている。

DZCのクラウドセール(一般向け販売)は第1弾が6月1日~6月7日、第2弾が6月14日~6月21日、第3弾が6月28日~7月4日の予定。