価値ある情報投稿で独自トークン獲得 ICOで「ソーシャルコマースRELEASE」開発着手

株式会社スマイルホールディングス(本社:福岡市中央区/代表取締役会長兼社長:金井龍男)は5月16日、仮想通貨技術を活用したICO(新規仮想通貨公開)の実施などについて発表した。

独自トークンはERC20ベースの「リリースコイン」(コード:REL)。5月中旬から配布を開始する予定で、発行枚数は1000枚で初期発行では1RELが0.1円に相当するという。ICOにより、「ソーシャルコマースRELEASE」の開発を加速させる考え。

同社は既にソーシャルメディア(SNS)とeコマース(ショッピング)を融合させた「あなたが街のリポーター!みんなで作るニュースサイトRELEASE(リリース)」のサービスを開始しており、このサービスを6月中旬に子会社化する予定。

同社はソーシャルコマースRELEASEについて、報道発表の中で「ユーザーが良質で価値ある記事を投稿した場合、また、信頼できる記事を評価した場合、投稿者と評価者の双方にポイント(RELトークン)を付与するソーシャルコマース・プラットフォーム」と説明している。AI(人工知能)による検索アルゴリズムやブロックチェーン技術、ビッグデータ技術などを導入して構築する。

貯まったRELトークンは、サイト内でサービス・スキル・商品などの購入に使うことができるほか、独自トークンが仮想通貨取引所に上場(売買開始)した場合は、複数の仮想通貨と交換することもできると説明している。

ICOホワイトペーパー:https://release.co.jp/rel/