仮想通貨取引所とICO実施のソースコード販売 ドイツ企業のドラグレット社

ドイツ企業のドラグレット社は2018年5月8日、同社が独自に開発した仮想通貨取引所とICO(新規仮想通貨公開)プラットフォームのソースコードを販売することを発表した。

一般的に仮想通貨取引所やICOプラットフォームがソースコードを公表したり、販売したりしていない。今後新たに仮想通貨やICO関連のビジネスを立ち上げる企業にとっては、同社からソースコードを購入することにより事業展開を急ぐという方法も、一つの選択肢となります。

同社は報道発表で、「信頼性のないスクリプトが数多く市場に出回っていると感じていました」と指摘。その上で「当社の取引所スクリプトを販売することにより、一段と幅広い層に当社の製品・サービスが行きわたり、仮想通貨取引所とICOを支えるソフトウエアの業界標準を確立することができます」とコメントを添えている。

同社は2018年4月上旬から既に、取引所とICOソースコードの正式販売前のアルファ版を同社サイトで入手可能なようにしている。同社は「既存の顧客の関心やフィードバックは良好で、ソースコードの購入に対する関心の高さを示しています」としている。

報道発表によると、ソースコードを購入すれば、既存のコードに基づいて独自のアプリケーションを作成が可能で、最小限の修正を行うだけで仮想通貨取引所とICOクラウドセールの両方に対応できるようだ。

ドラグレット社はドイツで2013年に設立。企業向けのブロックチェーン・アプリケーションのほか、ビットコインや仮想通貨取引所ソフトウエアの開発を専門としている。