仮想通貨ウォレットのGinco、ICOプラットフォームのZILLAなどとパートナーシップ

仮想通貨ウォレットサービスを提供する株式会社Ginco(本社:東京都渋谷区/代表取締役:森川夢佑斗)は5月9日、仮想通貨技術を活用した資金調達枠組みICO(新規仮想通貨公開)のプラットフォームを提供するZILLAなど3社とパートナーシップを締結したと発表した。

ほかの2社は、分散型取引所(DEX)を提供するKyberNetworkと、ブロックチェーンゲームを提供するEtheremon。同社は今回のパートナーシップについて「次世代の仮想通貨ウォレットへの第一歩」としている。

同社は報道発表の中で、海外ではブロックチェーンの実用化がゲームやSNS、C2Cプラットフォームといった身近な場面で進んでいるが、サービスの利用には、仮想通貨の「秘密鍵」の適切な管理が利用者に求められていることを指摘。その上で、普及には一般の人がが仮想通貨を安全管理しつつ、気軽に利用できるインターフェイスが必要だと説明している。

Gincoは安全な秘密鍵の管理方式を採用している日本発の仮想通貨ウォレットで。こうした課題を解決するためのインターフェースの構築を目指している。3社とのパートナーシップを通じてさまざまな機能の開発を進め、一般の人が気軽にブロックチェーン技術を利用できるようにしていきたい考えだ。