仮想通貨研究会の第2回会合、公式サイトで資料4種類を公開

金融庁は4月27日、「仮想通貨交換業等に関する研究会」(座長・神田秀樹=学習院大学大学院法務研究科教授)の第2回会合を開催した。その後、金融庁の公式ホームページでは、配付資料が4枚公表された。

公表された資料は「メンバー等名簿」「説明資料(事務局1)」「説明資料(事務局2)」「説明資料(消費者庁)」の4種類。詳しくは下記アドレスからダウンロード可能だ。

◯メンバー等名簿
https://www.fsa.go.jp/news/30/singi/20180427-1.pdf
◯説明資料(事務局1)
https://www.fsa.go.jp/news/30/singi/20180427-2.pdf
◯説明資料(事務局2)
https://www.fsa.go.jp/news/30/singi/20180427-3.pdf
◯説明資料(消費者庁)
https://www.fsa.go.jp/news/30/singi/20180427-4.pdf

今回の会合に参加したメンバーは座長を含み23人。具体的な参加メンバーの氏名と所属は下記の通り。前日正式に始動した日本仮想通貨交換業協会で会長を務めるマネーパートナーズグループの奥山泰全社長も参加している。

【座長】
神田 秀樹 学習院大学大学院法務研究科教授

【メンバー】
井上聡=弁護士(長島・大野・常松法律事務所)
岩下直行=京都大学公共政策大学院教授
翁百合=株式会社日本総合研究所理事長
加藤貴仁=東京大学大学院法学政治学研究科教授
神作裕之=東京大学大学院法学政治学研究科教授
楠正憲=Japan Digital Design 株式会社最高技術責任者
坂勇一郎=弁護士(東京合同法律事務所)
中島真志=麗澤大学経済学部教授
永沢裕美子=Foster Forum 良質な金融商品を育てる会事務局長
福田慎一=東京大学大学院経済学研究科教授
三宅恒治=みずほ総合研究所株式会社金融調査部長
森下哲朗=上智大学法科大学院教授

【オブザーバー】
奥山泰全=一般社団法人日本仮想通貨交換業協会会長
望月昭人=一般社団法人全国銀行協会企画委員長
山内公明=日本証券業協会常務執行役自主規制本部長
山﨑哲夫=一般社団法人金融先物取引業協会事務局長
黑岩操=警察庁刑事局犯罪収益移転防止対策室長
河内達哉=消費者庁消費者政策課長
竹林俊憲=法務省大臣官房参事官
堀田秀之=財務省大臣官房信用機構課長
福本拓也=経済産業省経済産業政策局産業資金課長
副島豊=日本銀行決済機構局 FinTech センター長