トークン取引事業など手掛けるTemplum、日本のSBIホールディングスから戦略的投資獲得

証券としてのトークン化資産売り出し(TAO)やトークン取引プラットフォームなどを手掛けるTemplum, Inc.(本社・アメリカ)は25日、日本のSBIホールディングス株式会社から戦略的投資を受けたと発表した。

今回の投資により、1000万ドル(約11億円)の資金調達ラウンドが完了したという。調達した資金は、同社子会社でデジタル資産の売り出しなどを手掛ける「Templum Markets」などの継続的な発展に使用されるようだ。

Templumは、ブロックチェーン技術と証券業界の両方に知見や経験があるメンバーによって設立した企業。Templumの創設者で最高経営責任者(CEO)のChris Pallottaは「SBIの支援を得ることができてうれしく思います」とした上で、「SBIとは、TAOのために安全なトレーディング・プラットフォームを構築する当社の使命を共有している」とコメントしている。

TemplumにはSBIホールディングス以外にも、世界各国に拠点を持つ投資会社の「Raptor Group」やブロックチェーン技術やデジタル資産事業への投資に積極的な「Galaxy Investment Partners」などから270万ドル(約3億円)の資金調達を既に完了している。