デジタルコンテンツの2次流通プラットフォーム構築へ アソビモ株式会社がICOホワイトペーパーを公表

デジタルコンテンツ保護・二次流通プラットフォームの開発を手掛けるアソビモ株式会社(本社・東京都豊島区/代表取締役・近藤克紀)は26日、仮想通貨技術を使った資金調達「ICO」(新規仮想通貨公開)のホワイトペーパーを公開した。

プラットフォーム名は「ASOBI STORE」で、ブロックチェーン技術を活用する。同社によると、国際特許を現在出願中という。ASOBI STOREでは、様々なゲームアイテムやソフトウェア、電子書籍、音楽、動画、電子チケットなどのデジタルコンテンツの売買をできるようにする。

報道発表で同社は、「読み終わったデジタルマンガを売却」「遊び終わったゲームのアイテムを売却」「聞き飽きた音楽ファイルの売却」などの利用シーンを例として挙げている。

海賊版サイトなどで表面化している著作権問題は、デジタルコンテンツの所有権を明確にするブロックチェーン活用技術「分散型セキュリティシステム(DSS)」で解決する。中古流通においても「パブリッシャーへの収益還元」を実現するという。

ICOで発行・販売する独自トークンは「ASOBI COIN」。ASOBI COIN公式サイトは「https://asobimo.io/」、ホワイトペーパーは「https://asobimo.io/pdf/white_paper_ja.pdf」。