韓国仮想通貨取引所Bithumb、シンガポールでICO実施へ 中国や韓国の取引所で独自トークン発行の動きが活発化

仮想通貨取引所がICO(新規仮想通貨公開)により、独自トークンを発行して資金調達に乗り出す動きが活発化している。このほどトークンポストなどが報じたところによると、韓国の大手仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)もICO実施を検討しているという。

韓国では、ICO詐欺から投資家などを保護する目的やテロ資金の調達が危惧されることなどから、韓国国内でのICO実施を禁止している。報道などによると、BithumbはシンガポールでICOを実施する予定で、独自トークンのコードは「ビッサムコイン」となるようだ。

アジア圏の仮想通貨取引所としては、中国の仮想通貨取引所Huobi(フオビ)やBinance(バイナンス)もICO実施に前のめりで、韓国国内では新たに誕生した仮想通貨取引所Coinone(コインワン)が今年中旬にもインドネシアでICOを実施する予定だと伝えられている。

ICOに関しては、ある程度法規制が進んでいたり、ICO実施に寛容な国で合法的に実施に乗り出す企業が増えてきている。