Fountain Connect、ICOの最終ステージ実施へ 透明性が高い寄付プラットフォーム構築へ エアドロップ無料登録で9ドル相当配布

透明性の高い寄付・支援プラットフォームの実現に向けてICO(新規仮想通貨公開)を実施しているFountain Connect(最高経営責任者・Hasan Yilmaz)は18日、ICOのクラウドセール第3弾を開始したことを明らかにした。

合わせて、登録などの手続きをすることで独自トークン「FTC」を受け取ることができるエアドロップを開始した。報道発表によれば、エアドロップでは1登録につき3FTC(9ドル相当)を受け取ることができる。

Fountain Connectは、今年1月から実施したICO第1弾で約10億円相当、3月から実施したICO第2弾で約13億円の資金調達に成功している。ICO第3弾は4月15日から開始されており、約18億円相当の資金調達を目指す。

Fountain Connectはホームページ上で、独自トークンの上場時期を2018年9月と明らかにしている。公式ウェブサイトは「https://fountain-connect.com/link/press/」となっている。