CardanoのADAトークン、仮想通貨取引プラットフォームHuobi Proで取引開始 技術提供などを行う株式会社EMURGOが発表

スイスに拠点を置くブロックチェーン仮想通貨組織「カルダノ財団」のADAトークンが17日、仮想通貨取引プラットフォームHuobi Proにおいて取引が始まった。ADA/ビットコイン、ADA/イーサリアム、ADA/テザーの3ペアで取り扱われる。

カルダノに特化したブロックチェーン技術の提供などを行う株式会社EMURGO(本社・東京都渋谷区/代表取締役・児玉健)が報道発表で明らかにした。

カルダノ財団は、ブロックチェーンや仮想通貨の商業化や立法化の推進などを目的に設立された。政府や規制当局、事業体、企業、オープンソース・プロジェクトなどとの戦略的連携関係を構築することなどを目指している。

Huobi Proを運営する「Huobi Global」は世界最大級の仮想通貨金融サービス・グループ。2013年に創立され、現在はシンガポールや米国、日本、韓国、香港など世界130国・地域以上に展開している。

株式会社EMURGOの児玉社長は「複数の取引所に取り扱って頂き大変感謝しております。金融インフラを整えていくことで、より便利にADAを使って頂き、新しい経済圏として確立された市場を構築できるよう、今後も精進して参ります」とコメントを発表している。