受講料のビットコイン決済に対応 ブロックチェーン講座も有するTechAcademy プログラミング教育業界でいち早く導入

キラメックス株式会社(本社・東京都渋谷区/代表取締役・村田雅行)はこのほど、ブロックチェーン講座などを有するオンラインコース「TechAcademy」でのコース代金の支払いにおいて、ビットコイン決済の導入を開始したと発表した。

仮想通貨・ブロックチェーン国内大手の株式会社bitFlyer(本社・東京都港区/代表取締役・加納裕三)の提供する決済サービスを通じて導入する。キラメックス株式会社によると、ビットコイン決済の導入はプログラミング教育業界では初という。

仮想通貨の代表格でもあるビットコインは、旅行代理店や家電量販店、百貨店、レストランなどでも徐々に導入が進んでいる。同社はビットコイン決済について「今後も拡大するとみられる」としている。

TechAcademyは2018年2月6日、新しい技術や市場から生まれるユーザーのニーズに対応するため、ブロックチェーン技術を学ぶ新コースの提供を開始した。今回のビットコイン決済の導入もニーズに対応するための取り組みの一環という。

キラメックス株式会社は報道発表で「これまでもユーザーの様々な支払いニーズに応えるために、銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済、分割支払いに対応してまいりました」と説明。その上で「今後も多様なユーザーのニーズに応え利便性の向上を図ってまいります」としている。