ICO調達資金、投資家側に返納か 香港当局、アプリ開発ICOの中止発表 利益分配スキームの未準備など懸念

香港証券先物委員会(SFC)は19日、ブラック・セル・テクノロジー社がICO(新規仮想通貨公開)の実施を中止することに合意したと発表した。独自トークンの販売により香港の投資家から既に調達した資金は、投資家側に今後返納されるものと見られる。

香港証券先物委員会はブラック・セル・テクノロジー社のICOについて、認可されていない宣伝活動や規制対象業務に関与した可能性があるとの懸念から、同社に対してICOの中止と投資家側への資金の返金を求め、同社がこれに応じた形。

同社が投資家向けのICO販売ページ(https://www.mykrops.com/)において、香港の投資家向けにKROPSという独自トークンの購入を呼びかけていたことを確認。ブラック・セル・テクノロジー社はICOでの資金調達により、携帯アプリの開発事業を進めることなどを計画していた。

香港証券先物委員会はまた、同社が独自トークンを購入した投資家に利益を分配する集団投資スキーム(CIS)の準備をしていなかったことも問題視した。