ダイアモンド関連でICO実施 ニューアートグループ 取引履歴や形状データをブロックチェーンに記述

中国や台湾でジュエリー事業やエステ事業を展開するニューアートグループのHONG KONG NEW ART LIMITED(本社・香港/代表・白石幸生)は、2018年3月15日から6月20日にかけて、ICO(新規仮想通貨公開)を実施する。独自トークンとして「ニューアートコイン」(NAR)を発行し、資金調達を行う。

開発するのは「分散型ダイヤモンド取引プラットフォーム」。ダイヤモンドの取引履歴や形状データ、色、カット、透明度、カラットなどのダイヤモンドを識別するための複数のデータをブロックチェーンに記録し、鑑定書のデジタル化も可能とする。

同社はトークンの発行・販売について、「日本国内の居住者を対象としたものではありませんので、日本居住者はこれを購入することはできません。また、日本居住者への転売も禁止されています」としている。

ニューアートグループは仮想通貨関連事業として、仮想通貨取引所の運営事業への参入も検討している。仮想通貨のマイニング事業を推進していくことも予定しており、ICO実施を足がかりに仮想通貨分野での事業拡大に力を入れていきたい考えだ。