スキャムとは? ICOの「詐欺」案件などで使われるワード スキャム防止に向けた国の枠組み作りや新技術誕生なども

スキャムとは英語で「scam(scams)」と書き、「詐欺」や「ペテン」の意味でICO(新規仮想通貨公開)業界でも頻繁に使われるワード。

ICOは仮想通貨技術を使った資金調達の方法で、ブロックチェーン技術を使った仮想通貨の世界的な普及とともに2017年ごろから世界各地で実施する企業・団体などが増えている。

従来は広く資金調達を呼びかける方法としては、IPO(新規株式公開)やクラウドファウンディングなどが一般的になっていたが、証券会社などの金融機関などの審査組織が存在していた。一方でICOは中央集権的な組織が資金調達のプロセスの中で介在せず、より実施がしやすいことが特徴とされる。

一方で、トークンの発行・販売を通じて集めた資金を持ち逃げしたりするスキャム(詐欺)案件も散見され、世界的な問題として認識されるようになってきた。

そのため、ICO実施においては、国側が実施規制や枠組みを急いでいるほか、集めた資金の使用時期などを自主的に定める「DAICO」などの新技術も登場するようになっており、スキャム防止に向けた取り組みが進んでいる。