クリプトとは? 英語で「crypto」=「暗号」の意味 crypto token(クリプトトークン)などの単語で使用

クリプトとは英語で「crypto(クリプト)」と書き、日本語で「暗号」を意味する。仮想通貨は英語で「crypto currency(クリプト・カレンシー)」と書くため、「暗号通貨」を仮想通貨と同義の日本語訳として使っているケースも多い。

ICOにおいても、この「crypto」という言葉はブロックチェーン技術を使ったプロジェクトの説明で頻繁に登場する。例えば仮想通貨で決済する仕組みなどを「crypto banking(クリプトバンキング)」と呼んだり、仮想通貨を使ったローンを「crypto loan(クリプトローン)」、仮想通貨のファンやヘビーユーザーを「crypto mania(クリプトマニア)」と名付けたりしている。

また、ICOで資金調達する際に投資家など向けに販売・発行するトークンも、「crypto token(クリプトトークン)」などと呼ぶことがある。基本的にはトークンとクリプトトークンは同じ意味として使われることが多い。