ワンペーパーとは? One Paper ホワイトペーパーの概略版 「スリーペーパー」や「ライトペーパー」も

ワンペーパーとは、ICOの投資家向け事業説明書「ホワイトペーパー」を1ページにまとめたもの。英語では「One Paper」と書く。

ホワイトペーパー(【キーワード】ホワイトペーパーとは?)には通常、ICOプロジェクトの中長期計画や収益化モデル、ICOの実施スケジュール、市場調査、実現可能性、発行するトークンの種類や投資家への配布、ICOプロジェクトメンバーの紹介などが盛り込まれ、ページ数が20〜40ページほどになる場合が多い。

そのため、ICOプロジェクトが多数進行している現在においては、全てのICOプロジェクトのホワイトペーパーに目を通すことが困難になっていた。ワンペーパーはいわゆる「概略版」で、ICOの実施スケジュールや事業概略、チームのコアメンバーの紹介などをコンパクトにまとめている。

ワンペーパーのほか、「スリーペーパー(Three Paper)」(3ページ版)や「ライトペーパー(Light Paper)」(概略版)なども存在し、それぞれホワイトペーパーを簡略化したものになっている。