Telegramとは? ICO実施側と投資側の交流ツール チャットルーム入室でシンプルに参加可能

Telegramとは、各ICOプロジェクトの実施側が投資側とのコミュニケーション向けにアカウントを公開していることで知られるチャットツールの一つ。日本語では「テレグラム」と読む。

各ICOプロジェクトごとに作成されたチャットルームは、固有のURLを持つ。投資側がTelegram内でこれらのチャットルームに参加したい場合は、本人アカウントを作成したあと、その固有のURLにアクセスし、チャットルームに入室する。

固有URLは一般的に各ICOプロジェクトの公式サイトや紹介記事などで知ることができる。ICO実施側が作成した公式的なチャットルームのほかに、非公式だが特定のICOについて情報交換しているチャットルームが存在しているケースもある。

ICO実施側と投資側の交流ツールとしては「Slack」も利用されるが、Slackが「ワークスペース」というスペースで複数のグループチャット用のチャンネルを分けることができるのとは異なり、Telegramの場合は基本的に1チャットルームの中で複数のグループが存在しない。

参加するまでのアカウント登録などの手間の面で比べると、SlackよりTelegramの方が参加がまでのフローがシンプル。参加メンバー数も一般的に、SlackよりTelegramの方が多いケースが多い。

Telegram
https://telegram.org/

Slackとは? ICO実施側と投資側の交流ツール ワークスペースでグループチャットや1対1チャット

※ICO LABに掲載している記事コンテンツは、ICOプロジェクトへの投資や資金調達の実施を推奨するものではありません。ICOは日本を含めて世界各国がそれぞれ実施・投資に関するガイドラインや法規制、解禁などの動きを個別に進めており、各国の方針に則って適正に関わる必要があります。