DAICOとは? 調達資金の使用時期や引き出し金額を規定 プロジェクト中止で投資家側に残り資金を返却

DAICOとは、イーサリアム創業者のVitalik Buterin氏が2018年1月に提唱した仕組みで、ICO(新規仮想通貨公開)で調達したプロジェクト資金の使用時期や引きだし金額について、ICOの実施主体側があらかじめ規定されたルールや工程表(マイルストーン)に基づいてしか引き出せなくするルール。

事業やプロジェクトが途中で中止・頓挫した場合には、残りの事業資金が独自トークンの保有量に応じて投資家側に自動的に返還される機能も実装している。これらの理由から、これまで資金調達側に事実上委ねられていた資金の使用用途や時期を、非中央集権的にブロックチェーン上で規定できる。

この事業の引きだしに関する資金量は「TAP」という単位で規定される。TAPは「1秒間あたりの引き出し金額」のことで、DAICOではこの時間軸とTAPの組み合わせによりスキームごとの引き出し可能金額を規定する。

DAICOを活用すると投資家側が投票によって、資金の引き出し時期を投資家側の投票で早めたり、プロジェクトを中止されたりするなどの決定をすることができることから、DAICOの導入により、ICOによる透明性や公正性が一層増すことが期待されている。

※ICO LABに掲載している記事コンテンツは、ICOプロジェクトへの投資や資金調達の実施を推奨するものではありません。ICOは日本を含めて世界各国がそれぞれ実施・投資に関するガイドラインや法規制、解禁などの動きを個別に進めており、各国の方針に則って適正に関わる必要があります。