エコシステムとは? 仲介者・第三者機関の介在を省く仕組み ICOやブロックチェーン技術の強みの一つ

エコシステムとは、仮想通貨技術を使った資金調達「ICO(新規仮想通貨公開)」(【キーワード】ICOとは?|ICO lab)を実施する企業などやブロックチェーンの解説などで頻繁に用いる用語の一つで、主にブロックチェーン技術などを使った効率化システムなどのことを指す。英語では「eco system」と書く。

仮想通貨の中核技術として当初注目を浴び始めたブロックチェーン技術は、データの連結性や保持性、透明性、改ざんの難しさなどが強みとされている。決済やデータベース、登録・照会などの分野でその強みが発揮されると、これまで第三者・第三者機関が担っていた業務が効率化もしくは省かれる可能性がある。

ICOやブロックチェーン業界において「エコシステム(eco system)」という用語が使われたときは、この効率化や直接性についてを言及していることが一般的に多い。仮想通貨で言えば、法定通貨で言うところの金融機関などの仲介事業者を介さずに決済できる仕組みを、エコシステム(eco system)と呼ぶ。

※ICO LABに掲載している記事コンテンツは、ICOプロジェクトへの投資や資金調達の実施を推奨するものではありません。ICOは日本を含めて世界各国がそれぞれ実施・投資に関するガイドラインや法規制、解禁などの動きを個別に進めており、各国の方針に則って適正に関わる必要があります。