ハードキャップとは? ICOトークン・仮想通貨の配布上限基準 案件によっては高め設定するケースも

ハードキャップ(Hard cap)とは、仮想通貨技術を使った資金調達「ICO(新規仮想通貨公開)」(【キーワード】ICOとは?|ICO lab)で独自トークンや仮想通貨を投資家向けに販売する際の、最高配布上限のこと。「マックスキャップ(Max cap)」とも呼ばれる。

ICOを実施する際に規定され、この基準以上の独自トークンと仮想通貨は販売・配布されない。ICOの実施主体は資金調達額が想定より大きくなる事態に備え、ハードキャップ額を高めに設定するケースも多い。

ICOには仮想通貨「イーサリアム」(【キーワード】イーサリアムとは?|ICO lab)が活用されることが多い。イーサリアムには、契約内容規定や取引履行などを自動化するスマートコントラクト(【キーワード】スマートコントラクトとは?|ICO lab)が実装されている。

ハードキャップは、このスマートコントラクトでも規定することが可能な項目の一つ。対になる項目として、ソフトキャップ(【キーワード】ソフトキャップとは?|ICO lab)がある。ソフトキャップとは、そのICOの最低成功基準で、この最低基準に満たない場合はICOは失敗となり、投資家に投資分が返却されてトークン・仮想通貨の配布も行われない。

※ICO LABに掲載している記事コンテンツは、ICOプロジェクトへの投資や資金調達の実施を推奨するものではありません。ICOは日本を含めて世界各国がそれぞれ実施・投資に関するガイドラインや法規制、解禁などの動きを個別に進めており、各国の方針に則って適正に関わる必要があります。