スマートコントラクトとは? ICOに活用される契約・取引の自動化技術 仮想通貨イーサリアムに実装

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン技術を活用して契約(コントラクト)から取引・決済までを自動的に履行するプログラム。事前に定義した契約内容の条件が整うと、仲介者を介さずに取引が実行される。

仮想通貨技術を用いた資金調達「ICO」(【キーワード】ICOとは?|ICO lab)では、スマートコントラクトの活用が進む。ICOで独自トークンを販売して資金調達を行う際、「目標額に達しない場合は購入額を全額返信する」という内容のスマートコントラクトを実装していると、購入者への投資額の返済は自動化され、社会的な信頼性と透明性が増す。

ICOでは仮想通貨「イーサリアム(ETH)」(【キーワード】イーサリアムとは?|ICO lab)を通じて資金調達が行われることが多い。この理由の一つに、イーサリアム自体にスマートコントラクトが実装されていることにある。一方で仮想通貨の代表格でもあるビットコイン(BTC)にはスマートコントラクトが実装されていない。

またスマートコントラクトをすることにより、これまで個別に処理が必要だった確認業務や決済業務などが自動化されることから、人件費などの削減や契約履行までの所要時間の短縮も見込める。このため取引手数料なども低く抑えることが可能になる。

※ICO LABに掲載している記事コンテンツは、ICOプロジェクトへの投資や資金調達の実施を推奨するものではありません。ICOは日本を含めて世界各国がそれぞれ実施・投資に関するガイドラインや法規制、解禁などの動きを個別に進めており、各国の方針に則って適正に関わる必要があります。