ERC20とは? イーサリアムをベースにしたトークン規格 多くのICOプロジェクトで採用

ERC20とは、ICO(新規仮想通貨公開)で販売・配布されるトークンの規格の1つで、流通量世界2位のイーサリアムをベースとしている。英語では「Ethereum Request for Comments: Token Standard #20」と書く。

ERC20規格で生成・発行されたトークンは、ERC20に準拠した仮想通貨・トークンウォレット(電子口座)で保管できる。ERC20のトークンを保管できるウォレットとして有名なサービスが「MyEtherWallet」で、日本国産のウォレットアプリなども登場し始めている。現在、ICOプロジェクトの大多数がERC20をベースにしたトークンを発行している。

ERC20を発展させた規格としては、ERC223(Ethereum Request for Comments: Token Standard #223)なども注目を集めている。ERC223は送金ミスなどに配慮した規格で、簡単に言えば誤ったアドレスに送られたトークンが送り返される機能が実装される。

ERC20のトークン生成に向けたソースコードなどの情報は、既にウェブ上で公開されている。

イーサリアムとは? ICOに活用される仮想通貨 スマートコントラクト実装、取引を自動化