企業に属さないVTuber名取さなの人気の秘密は?3つの理由はコレ

近年メキメキと頭角を表しているバーチャルのYouTuberたち。

気づけば、この数年多くの人数のVTuberが誕生しました。

今回、注目したのはバーチャルナースだという“名取さな”さん。

その可愛いさと軽快なトークで急速に人気が上昇。

しかし彼女には、可愛いだけではない独特の魅力があるのです。

そこで、名取さなさんの人気の3つの理由をまとめてみました。

名取さなプロフィール

2018年3月16日からYouTubeで活動をしています。

17歳の新人ナース。

バーチャルのサナトリウム(自然環境豊かな中にある療養所)から配信。

たいていのYouTuberは企業などに所属していますが、名取さなさんは個人運営のYouTuberです。

人気の理由・名取さなが匂わす闇の部分

明るい元気なイメージの名取さなさんですが、ところどころ闇の部分がみえリスナーたちの関心をあつめています。

サナトリウムからの配信

恥ずかしながらサナトリウムの事を知らなかった私はネットで調べてみました。

昔は結核を患った方達が、美しい自然環境の中にあるサナトリウムで療養していたとのこと。

世界各地のサナトリウムの画像がありましたが、確かに美しい環境の中に佇んでいました。

あくまでも私の感じた事ですが、その部屋や建物を見た時に「ここで療養していた方達は、どんな思いだったのだろう」という気持ちになりました。

大切な人たちから離れた、別世界の生活…。

病と向き合いながら心にある葛藤と戦っていたのではと、何かせつなさを感じました。

名取さなさんの配信の後ろに映る部屋の様子もまさに病院。

実際、現在の配信は明るく元気な配信です。

ナースという設定ですし、病室のような部屋も一見深い意味を感じませんが、その背景には影を感じさせるものがあります。

名取さな自身が患者説

2018年10月12日の配信では、私がサナトリウムから感じとったような、せつないイメージの名取さなさんがいました。

配信された動画の中では、元気のない声で「現在2018年2月27日で23歳」と語っています。

2018年3月16日がVTuberとしての初めての配信ですから、それ以前の動画をわざわざ配信しています。

入院中で薬も服用しており、悲しい事があったなど、精神的にも不安定な雰囲気が伝わってきます。

何故このタイミングで投稿したのか、年齢も設定された17歳とは違い気になります。

名取さなさん自身が何か患っているのではないかと思わせるような配信でした。

名取さなの闇の部分に寄り添うリスナー

まるでリストカットを思わせるような手首の包帯や、ぬいぐるみに包丁が刺さっていたり、分厚い扉と監視カメラの隔離されたような部屋がなんとも怖いイメージです。

手首の包帯について聞かれても、話をそらすような素振りも余計に気になります。

名取さなさんの隠れた闇を垣間見たようで、ファンたちの憶測はどんどん広がり、今は明るい配信だけども過去に何かを抱えていた?とほっとけない愛しさも生まれてきているようです。

誰にも心のどこかに闇の部分はあり、触れてほしくはない時があります。

その一方で少し落ち着いた時に、自分を知ってほしい、共感してほしいという気持ちが出てくることも。

名取さなさんはそんな気持ちから、自分の内面をチラ見せしていたのかもしれません。

人気の理由・リスナーたちを魅了するトーク

名取さなさんの元気なトークも人気ですが、見事な言葉の技にも注目です。

ネットスラングを駆使した軽快なトーク

ネットスラングを多用したりと、味のあるトークが繰り広げられています。

ネット世代のリスナーたちと会話が弾むのも納得です。

言葉の引き出しも多く、17歳には似合わない言葉が飛び出したりする意外性も楽しませてくれます。

適度に刺激のある配信からリピーターが生まれますからね。

名取さなとリスナーの絆の証が激しいトーク

激しいトークになることもあり荒っぽくも思えますが、じつは愛情いっぱい。

お互いの存在を大切とする、その前提があっての配信です。

激しい言葉のやり取りも、お互い承知のうえ。

名取さな自身、言葉遊びを楽しんでいると語っています。

彼女がファンを気遣う気持ちは半端なく、強気なセリフが多くても、ところどころに優しい言葉もあり和やかに配信は繰り広げられます。

激しい言葉合戦も、わかり合った関係性だからなせる技。

まさに「あうんの呼吸」が確立されているところが素晴らしい。

可愛くて優しい会話だけでは生まれない、絶妙な親近感がリスナーたちをひきつけています。

人気の理由・名取さなの言葉の薬に癒されるリスナーたち

名取さなさんは“バーチャルナース”。

実際、目の前で傷の手当てをしたりということはありませんが、しっかりとリスナーの心の傷を手当てしている場面もあります。

「生きてるだけでえらいよ。」という名取さなさんの言葉。

自分の切なる思いを名取さなさんに明かしたたリスナーだけでなく、他のリスナーの心にもどれだけ響いたでしょうか。

これが本当の意味での治療ではないでしょうか?そして、リアルな病院の治療もお医者さんは手術や薬で助けてくれますが、結局は患者の治癒力。

リスナーの心の傷も、名取さなさんのバーチャルナースの言葉を助けとして、その後は自分の力で乗り越えていくのだと感じてなりません。

人間味溢れる温かなものを求めてたり、かわいいだけでは物足りないリスナーには、名取さなさんは“おすすめ”です。

まとめ

名取さなさんの人気の理由を3つあげてみましたが、どれも心の繋がりが関係していました。

バーチャルと言えどもファンは人間性を求めています。

バーチャルが嫌いない人でも、この面に気づけば「なるほど」と思うかもしれません。

表現方法は違いますが、結局この世の全ては“心と心の繋がり”なのです。

日頃の配信の根底にリスナーを元気にしたいというナース心に溢れています。

きっとリスナーが癒されることで、名取さなさん自身も癒されているのでしょう。

支え合う気持ちの結果が、企業に属すことなく人気VTuberとなった、名取さなさんの今の姿なのです。