デビューまでの全体像を理解するのがVTuberの始め方のコツ

VTuberになりたいと思ったときにとりあえず制作してみようとすぐに作業に取り掛かってしまう人もいるでしょう。

ただ、その始め方はかなりリスクを伴うので注意しましょう。

失敗しないためにはデビューまでの全体像を理解するのがコツなので、その理由と詳細を紹介します。

行き当たりばったりのVTuberは失敗するリスクが高い

VTuberになろうと思って制作をすぐに始めてしまうと失敗するリスクが高いことが知られていますが、一体なぜなのでしょうか。

制作に無駄に時間がかかってしまう

制作を始める段階でデビューするまでに何をしなければならないかがわかっていないと時間が無駄にかかってしまうことは否めません。

手際よく進めていけばわずかな期間でデビューできるのに、思い立ってから一ヶ月以上経ってもまだデビューできないということもよくあります。

なかなかVTuberになれないのがストレスになってしまってあまりにも大変だという気持ちになり、結局デビューできずに終わってしまうのがよくある失敗例です。

最初の作品のクオリティーが低すぎる

VTuberとして成功するためには脚光を浴びることが必要になります。

そのためにはデビューしたときの作品が注目されなければなりません。

初発の動画があまりにもつたないクオリティーだったために評判が悪く、次の動画を制作しても見てもらえなくなってしまうというも典型的な失敗例です。

逆に最初の作品のクオリティーが高ければ、二本目以降も視聴してもらえる可能性が高くなります。

きちんと準備を整えて一定水準以上の動画を作り上げるのは今後の成功のために欠かせないことなのです。

全体像を理解しよう

VTuberの始め方としてまずは全体像を理解するのがコツです。

全体がわかれば必要な準備を最初に全て整えることができ、滞りなく動画を完成させられるからです。

全体像はどのようにして把握すればよいのかを具体的に考えてみましょう。

何をする必要があるかを理解しよう

まずはVTuberとして動画を制作するために何をする必要があるかを、順を追って考えるのが大切です。

配信したいものが何かを考えて目的を定め、それに合ったモデルを考案するのが最初の段階です。

そして、モデルをトラッキングすることが必要になります。

トラッキングとはモデルを動かすことで、どのようにして動かすことで何をアピールするのかを決めましょう。

そして、そのモデルや動きに合わせた音声やBGMを目的に沿う形で用意することが欠かせません。

これらが揃ったところで動画を制作していくことになります。

動画制作にはソフトウェアが必要で、そのソフトウェアを使うパソコンかスマートフォンも用意しなければなりません。

必要な機材とソフトウェアを考えて手配しよう

このような必要事項がわかったら機材を揃えていきましょう。

こだわりのあるものから順に選んでいくことで納得できる動画を作成できるようになります。

例えば、VRを使いたいというこだわりがあるならVRの撮影機器を調達することが必要です。

そして、それに対応したソフトウェアとデバイスを用意するという流れになります。

パソコンで動画制作ができる簡単なソフトウェアが良いというのなら、ソフトウェア選びから始めて対応している撮影機器を選んでも問題ありません。

歌を録音するなど、自分の声を使う場合には録音に適したマイクの調達も必要です。

制作を進めてデビューしよう

全体像を理解して必要な機材を揃えることができたら後は動画を制作してVTuberとしてデビューするだけです。

ただし、初めての制作をするときにはコツがあるので注意しましょう。

サンプルを使って練習しよう

初めての動画制作の場合にはソフトウェアまで揃っていたとしても完成させられずに困ることがよくあります。

動画の作り方の全体像がわかっていないために、力量の割に高度なものを制作しようとして失敗することが多いのです。

まずは作り方を理解するためにサンプルを使って練習することから始めましょう。

ソフトウェアやその開発会社のウェブサイトなどで動画のサンプルや素材が提供されています。

それをソフトウェア上で実際に触ってみて、自分で作成したモデルや録音した音声などを盛り込んでみましょう。

大枠ができているので合成の仕方や同期のやり方などがよくわかります。

すぐに自分の作品作りに取り掛かりたいのはもっともなことですが、この練習をすることでスムーズに制作に取り掛かれるのでおすすめです。

最後に作品を制作しよう

ここまで準備をしたらもう全体像がわかるでしょう。

1からスタートして自分の作品を作り上げ、VTuberをとしてのデビューを果たしましょう。

まとめ

VTuberとして成功するには焦る気持ちを抑えて全体像を理解するのが重要です。

始め方を誤ってしまうと後々まで評判に悪影響を及ぼすので、最初からしっかりとした準備を整えてクオリティーの高い動画を制作するように心がけましょう。